業種

運営会社

社名
  • 株式会社シェイクハンド ShakeHandCo.,Ltd.
本社所在地
電話
  • 048-826-5996(代表)
Email
代表
  • 代表取締役 坂巻大介
設立
  • 2013年4月11日
資本金
  • 2700000円(2013年4月現在)
事業内容
  • インターネットコンテンツの企画、運営、コンサルティング
  • インターネット及びその他通信網を利用する情報提供並びに情報処理業務
  • コンピュータネットワークに関するセキュリティシステムの設計、構築、運用、保守
  • イベント及び展示会等の企画運営
  • 翻訳事業及びそれに付随する事業
代表プロフィール

1977年生まれ 埼玉県出身、在住。
メーカー、IT企業などを経て、人材ビジネス業と輸入雑貨事業を手掛ける企業に8年勤める。
コンプライアンス部門に所属。情報セキュリティや輸入雑貨の品質管理の責任者を担い、多くの社内講師経験も持つ。
趣味はスノーボード、ダーツ、TVゲーム、自他ともに認めるいわゆるオタク。
「誰もが楽しめる、面白く思う顧客目線を忘れない」をモットーに、エンターテインメント分野においても目下勉強中。
ゴリ押しではない、本当に海外にウケるMade in Japanを知ってもらう為、起業。

代表挨拶

当サイトをご覧頂きありがとうございます。
言いたいことは下3行です、長文は更にその下をお読みください。

*景気回復のトリガーは海外需要獲得だと思います
*そのためには日本の色んな企業を海外に知ってもらう必要があります
*だからシェイクハンドを使ってください


弊社は「Made in JAPANをもっと広く海外に」をコンセプトにした業種業態を問わないWeb総合展示会を企画・運営など、海外需要を獲得する支援サービスを中心に活動しております。

【社名とサイト名の由来】
初めての挨拶や、契約締結、はては仲直りなど世界共通のアクションである握手(ShakeHand)から来ています(元来、握手を意味する英語はHandsShakeですが、弊社では日本国内で馴染みのあるShakeHandを採りました)。

【このサービスを始めるに至った経緯】
動機は極めてシンプルです。

------どうすれば国内経済、雇用が上向きするだろうか------

たったこれだけです。1つの出た結論が、「日本の商材を海外に売り込むサポートをしたい。」 こんな商品あるんだ!と知る機会、こんな商品あるんだよ!と知らせる機会を作りたい。 “Made in Japan”をもっと海外へ発信。 そんな思いから2013年4月。シェイクハンドは生まれました。

【Web総合展示会シェイクハンドの将来像】
まずは、業種業態を問わず出展社様を募ります。
出展社様が初めての貿易でも安心してできるよう段階的に情報コンテンツの実装を図ります。
そして、現行のバージョンでは日本国内・英語圏を対象としたサイトですが、長期的にアジア・EU圏など多言語対応を計画しています。
弊社のサービスをきっかけに、「国内だけでなく、まさか海外でこんなに需要があるとは!」という発見があれば理想です。


【出展もしくは出展をお考えの方へ】
弊社は、広告宣伝費とのバランスが折り合い付かない単価の低い商材などであっても、 効果的に商材をPRできる価格帯であり、翻訳サポートと言う市場の拡大と業務効率向上を図れ、 そしてWebだからこそできる時間の制限のない空間でサービスの提供をしております。

昨今、海外へ展開している企業はごく一部です。言い方を変えると海外の方が知っているMade in Japanは大手企業ばかりの数少ない状況です。実は、海外の方が評価しているMade in Japanは緻密さだったり精度だったりするのです。貴社の商材がより一層知られ、より一層売れること。 Made in Japanが海外へもっと普及すること。弊社にそのお手伝いをさせてください。

また、ソーシャルネットワークサービスの様に、貴社を取り巻く環境の輪が広がれば広がるほど、可能性は高まります。 そしてその先、必ず売上という形で還元致します。
是非、出展をご検討ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2014年9月1日 一部加筆修正
代表取締役 坂巻大介

日本語  English